2020年10月の夜空

2019年天文現象、行事メモ
※月齢は21時の値(こよみの計算 - 国立天文台暦計算室にて計算、未明の現象は前日の月齢とする)

今月の一番星は何?

南の空の木星

(茨城付近では、日没は午後5時半ごろ〜午後4時半ごろ、日暮れは午後6時ごろ〜午後5時半ごろとなります。)

※参考:こよみの計算 - 国立天文台暦計算室(日の出入り・南中時、薄明・薄暮) 計算地点:ふれあいの里天文台

※夜明・日暮の時刻は太陽の中心高度が-7°21′40″となる時刻 参考:こよみ用語解説 太陽や月などの運動 - 国立天文台暦計算室

月日(曜日)夜明日の出日の入日暮
10月 1日(木)05:0105:3217:2417:55
11月 1日(月)05:2806:0016:4417:16

夕空(日暮れの頃)の見時

南の空に木星と土星が並んでいるのが見えます。これから、だんだん西に動いていきます。中旬には夕空の東の低空に火星が昇ってきます。(宵の空では、月初から東の空に火星が見えています。)22日(木)〜 23日(金)、木星と土星に月が近づきます。

  • 10月 3日(土)宵の東の空で、月(月齢16.0)が、火星に接近
  • 10月中頃〜 夕方の東の低空に火星が見え始める(宵〜夜半には昇っている)
  • 10月22日(木)夕方の南の空で、月(月齢5.7)が、木星に近づき、月、木星、土星がほぼ直線に並ぶ
  • 10月23日(金)夕方の南の空で、月(月齢6.7)が、土星に接近し、木星、土星、月が三角形に並ぶ
  • 10月29日(木)夕方の東の低空で、月(月齢12.7)が、火星に近づく
  • 10月30日(金)夕方の東の低空で、月(月齢13.7)が、火星に近い

三日月

半月(上弦)は、10月23日(金)22:23、三日月は 10月19日(月)で、 10月18日(日)〜22日(木)は、西空に三日月形の月が見られます。

満月

  • 2日(金)06:05
    • アメリカの民間伝承による満月の名前(旧メイン州農暦によるブルームーン計算法)
      • Hunter’s moon, Blood Moon, Sanguine Moon, Harvest Moon(ハンターズ・ムーン、ブラッド・ムーン、サンギン・ムーン、ハーベスト・ムーン)
    • 現行アメリカ農暦(Farmers’ AlmanacOld Farmers’ Almanac 現在発行版)による満月の名前
      • 10月 Full Hunter’s Moon(別名:Blood Moon, Sanguine Moon, Travel Moon, Dying Moon) ハンターズムーン〜冬に備えて狩りをする頃の月、Full Harvest Moon
  • 31日(土)23:49 今年最遠の満月(地心距離:406167km 視直径:29分25秒)、ブルームーン(現行アメリカ農暦にて)
    • アメリカの民間伝承による満月の名前(旧メイン州農暦によるブルームーン計算法)
      • Beaver Moon, Frosty Moon, Frost Moon, Trading Moon, Hunter’s Moon, Snow Moon(ビーバー・ムーン、フロスティー・ムーン、フロスト・ムーン、トレーディング・ムーン)
    • 現行アメリカ農暦(Farmers’ AlmanacOld Farmers’ Almanac 現在発行版)による満月の名前
      • Blue Moon(ブルームーン)
  • UTC+9:30、UTC+10、UTC+11、UTC+12、UTC+13、UTC+14の時間帯では、 11月30日(月)18:30 がブルームーンとなる。

今月の惑星

  • 木星(−2等)は、日没時には、南の空に昇っています。午後11時頃〜午後9時半頃、南西の空で沈みます。
  • 土星(1等)は、日没時には、南〜南西の空に昇っています。午後11半頃〜午後9時半頃、南西の空で沈みます。
  • 火星(−3等〜−2等)は、東〜南東の空で見えます。月半ばまでは、午後6時半頃〜午後5時半頃、東の空に昇ってきます。月半ば以降は、日没時には火星が昇っていて、午前5時半〜午前4時半頃、西の空に沈みます。14日(水)衝となります。6日(火)23:18 地球に最接近して、準大接近となり、地球からの距離:6207万km、視直径:22.57秒となります。
  • 金星(−4等)は、日の出前の東の空に見えます。午前2時半頃〜午前3時頃、東の空に昇ってきます。
  • 水星(0等)は、日没直後の南南西の極超低空にあらわれていて、ほとんどを高度は変わらず南西方向に動いていきます。 2日(月)には、東方最大離角となり日没直後の高度が9度00分、光度0.0等となって、10日(土)には、見づらくなります。

 宵の南の空〜南西の低空には、土星、木星が並んでいます。また、東の低空〜南東の空高くには、火星が昇っています。日没直後の西の極超低空に水星が昇っていますが、ほとんど高度を変えず、南西方向に動いていき、10日ごろには低すぎて見えづらくなります。  火星は、6日(火)23:18 地球に最接近し、準大接近となって、地球からの距離:6206万km 視直径:22.57秒となります。
朝方の空では、東の空に金星が明けの明星として明るく輝いていますが、高度を下げていきます。

  • 10月 2日(月)水星、東方最大離角(日没直後の高度9度00分、光度0.0等)
  • 10月 3日(土)宵の東の空で、月(月齢16.0)が、火星に接近
  • 10月 6日(火)23:18 地球最近 準大接近(地球からの距離:6207万km 視直径:22.57秒)
  • 10月11日(日)木星、東矩
  • 10月中頃〜 夕方の東の低空に火星が見え始める(宵〜夜半には月初から昇っている)
  • 10月14日(水)日の出前の東の低空で、月(月齢26.0)が、金星に近づく
  • 10月14日(水)火星、衝
  • 10月18日(日)土星、東矩
  • 10月22日(木)夕方の南の空で、月(月齢5.7)が、木星に近づき、月、木星、土星がほぼ直線に並ぶ
  • 10月23日(金)夕方の南の空で、月(月齢6.7)が、土星に接近し、木星、土星、月が三角形に並ぶ
  • 10月29日(木)夕方の東の低空で、月(月齢12.7)が、火星に近づく
  • 10月30日(金)夕方の東の低空で、月(月齢13.7)が、火星に近い

今月の火星

  • 6日(火)23:18 火星、地球最近 準大接近(地球からの距離:6207万km 視直径:22.57秒)

     前回の2018年7月31日から約2年2カ月ぶりに火星が地球に接近し、10月 6日(火)に最接近して、準大接近となります。「準」となっているのは、大接近よりは少し遠いけど小接近よりは全然近いのでこう呼ばれています。火星と地球の距離は、前回の大接近(2018年7月31日)の時は5691万km、今回の「準」大接近では、6207万km、次回の小接近2027年2月20日では、1億0142万kmですから、大接近の方に数字が近いですね。なお、大接近と小接近の中間くらいの距離だと「中接近」と呼ばれることもあります。次の中接近は2022年12月1日で、8145万kmです。
     火星の接近では、肉眼でわかるのは、明るさが明るくなるくらいですが、その視直径の大きさの変化が分かるには、望遠鏡が必要です。気流が良くて、望遠鏡も良いものであれば、火星の模様が見えることもあります。

参考:公開天文台協会 | 火星大接近2020

今月の名月

  • 1日(木)中秋の名月

    季語としての中秋の名月にまつわる月の名前
    参考:新改訂版俳諧歳時記 秋 新潮社編 新潮文庫

  • 10月 1日(木)名月、十五夜、望の月(もちのつき)、芋名月 旧暦8月15日の月
  • 10月 2日(金)十六夜(いざよい)、既望 旧暦8月16日の月 (満月)
  • 10月 3日(土)立待月(たちまちづき) 旧暦8月17日の月
  • 10月 4日(日)居待月、座待月(いまちづき) 旧暦8月18日の月
  • 10月 5日(月)臥待月(ふしまちづき)、寝待月 旧暦8月19日の月
  • 10月 6日(火)更待月(ふけまちづき) 旧暦8月20日の月
  • 10月 7日(水)〜 宵闇 旧暦8月20日過ぎの月が出るまでの闇
  • 10月 9日(金)二十三夜 旧暦8月23日の月
  • 10月26日(月)十三夜、後の月、豆名月、栗名月 旧暦9月13日の月
  • 11月24日(火)十日夜(とおかんや) 旧暦10月10日の月 とうかんや 狭山市公式ウェブサイト (現在も「とおかんや」行事を行っているところは、11月10日(火)に行うところも多い。十五夜、十三夜、十日夜|季節の行事|暮らし歳時記

一般的には、十五夜と満月は、最大で前後2日ほどずれる可能性があります。 これは、十五夜が新月を1日として15日目と機械的に決まる一方、実際の月は、軌道が楕円の上、その軌道の形が、微妙に変わっていくため、新月から満月になる時間が、13日間〜17日間と変化してしまうためです。

見やすい星座

※宵の空(20時ごろの星空)での見え方です。

 こと座の一等星ベガ、はくちょう座の一等星デネブ、わし座の一等星アルタイルを結んでできる夏の大三角形は、天頂より少し西に傾き、天頂の東側には、秋の星座の道しるべ、秋の大四辺形(ペガススの四辺形)が昇っています。一等星による夏の大三角形と違って、二等星と三等星で形作られるので、道しるべを探すのが難しいのが秋の星座ですが、それだけあって、なかなか星を結んでいくのが難しい星座ばかりです。南の低空には秋の星座たった一つの一等星、みなみのうお座のフォーマルハウトが寂しく光っています。ところが、今年は南西に仲良く並ぶ木星と土星、東には準大接近を迎えて明るい火星が輝き、賑やかになっています。

天文現象と関連行事

  • 9月初旬〜10月上旬 『宇宙の日』ふれあい月間 9月12日は「宇宙の日」 | ファン!ファン!JAXA!
  • 10月 1日(木)中秋の名月、名月、十五夜、望の月(もちのつき)、芋名月 旧暦8月15日の月
  • 10月 2日(金)06:05 満月
  • 10月 2日(月)水星、東方最大離角(日没直後の高度9度00分、光度0.0等)
  • 10月 2日(金)十六夜(いざよい)、既望 旧暦8月16日の月 (満月)
  • 10月 2日(金)06:05 満月
    • アメリカの民間伝承による満月の名前(旧メイン州農暦によるブルームーン計算法)
      • Hunter’s moon, Blood Moon, Sanguine Moon, Harvest Moon(ハンターズ・ムーン、ブラッド・ムーン、サンギン・ムーン、ハーベスト・ムーン)
    • 現行アメリカ農暦(Farmers’ AlmanacOld Farmers’ Almanac 現在発行版)による満月の名前
      • 10月 Full Hunter’s Moon(別名:Blood Moon, Sanguine Moon, Travel Moon, Dying Moon) ハンターズムーン〜冬に備えて狩りをする頃の月
      • Full Harvest Moon
  • 10月 3日(土)宵の東の空で、月(月齢16.0)が、火星に接近
  • 10月 3日(土)立待月(たちまちづき) 旧暦8月17日の月
  • 10月 4日(日)〜10日(土)世界宇宙週間 World Space Week
  • 10月 4日(日)居待月、座待月(いまちづき) 旧暦8月18日の月
  • 10月 5日(月)臥待月(ふしまちづき)、寝待月 旧暦8月19日の月
  • 10月 6日(火)更待月(ふけまちづき) 旧暦8月20日の月
  • 10月 6日(火)夜半の東の空で、月(月齢19.0)が、ヒアデス星団に入り、おうし座のアルデバランに接近
  • 10月 6日(火)23:18 火星、地球最近 準大接近(地球からの距離:6207万km 視直径:22.57秒)
  • 10月 7日(水)〜 宵闇 旧暦8月20日過ぎの月が出るまでの闇
  • 10月 8日(木)〜17日(土)GLOBE at Night(対象:北半球 ペガスス座、南半球 いて座)日本語サポートページ 日本語Webアプリ(スマホでも使えます。) スマートフォン用アプリ
  • 10月 9日(金)二十三夜 旧暦8月23日の月
  • 10月10日(土)09:40 下弦
  • 10月11日(日)未明の東の空で、月(月齢23.0)が、ふたご座のポルックスに近づく
  • 10月11日(日)木星、東矩
  • 10月13日(火)日の出前の東の空で、月(月齢25.0)が、しし座のレグルスに近づく
  • 10月14日(水)日の出前の東の低空で、月(月齢26.0)が、金星に近づく
  • 10月14日(水)火星、衝
  • 10月14日(水)14:45 国際宇宙ステーション 第65次/第66次長期滞在クルーを乗せたSoyuz MS-17(63S)、ソユーズ2.1aロケットにて打ち上げ ※Launch Schedule - Spaceflight Now
  • 10月中頃〜 夕方の東の低空に火星が見え始める(宵〜夜半には昇っている)
  • 10月17日(土)04:31 新月
  • 10月18日(日)土星、東矩
  • 10月19日(月)三日月
  • 10月19日(月)夕方の南西の超低空で、月(月齢2.7)が、さそり座のアンタレスに近づく
  • 10月20日(火)夕方の南西の超低空で、月(月齢2.7)が、さそり座のアンタレスに近い
  • 10月22日(木)夕方の南の空で、月(月齢5.7)が、木星に近づき、月、木星、土星がほぼ直線に並ぶ
  • 10月23日(金)22:23 上弦
  • 10月23日(金)夕方の南の空で、月(月齢6.7)が、土星に接近し、木星、土星、月が三角形に並ぶ
  • 10月26日(月)十三夜、後の月、豆名月、栗名月 旧暦9月13日の月
  • 10月29日(木)夕方の東の低空で、月(月齢12.7)が、火星に近づく
  • 10月30日(金)夕方の東の低空で、月(月齢13.7)が、火星に近い
  • 10月31日(土)23:49 今年最遠の満月(地心距離:406167km 視直径:29分25秒)、ブルームーン(現行アメリカ農暦にて)
    • アメリカの民間伝承による満月の名前(旧メイン州農暦によるブルームーン計算法)
      • Beaver Moon, Frosty Moon, Frost Moon, Trading Moon, Hunter's Moon, Snow Moon(ビーバー・ムーン、フロスティー・ムーン、フロスト・ムーン、トレーディング・ムーン)
    • 現行アメリカ農暦(Farmers’ AlmanacOld Farmers’ Almanac 現在発行版)による満月の名前
  • UTC+9:30、UTC+10、UTC+11、UTC+12、UTC+13、UTC+14の時間帯では、 11月30日(月)18:30 がブルームーンとなる。

双眼鏡、小望遠鏡のある人は

  • 下弦〜三日月となる、10月10日(土)頃〜19日(月)頃は、星雲星団、天の川の見頃となります。
  • 木星と土星が並んでいるあたりがいて座です。ここから夏の大三角形の中を通り、カシオペヤ座、ペルセウス座へと流れていく天の川(銀河)は、双眼鏡で見ると、たくさんの星で溢れています。天の川の流れに沿って双眼鏡で辿る「天の川下り」をぜひ、やってみてください。
  • ペルセウス座の中心付近は、天の川の中ですが、ゆるく星が集まっている散開星団でもあります。双眼鏡でちょうど星が集まっている感じがわかりますので、これも挑戦してみましょう。空の条件が良ければ、背景の細かい天の川の星の中に浮かぶ明るい星たちが、宝石の輝きのように見えます。是非、覗いてみてください。「星の宝石箱や〜〜」と思わず叫んでしまうかもしれません。
  • 秋の四辺形のうち一つの星は、アンドロメダ座の頭に当たる星です。そこからアンドロメダ座をたどり、膝小僧に当たる星の近くにアンドロメダ座銀河があります。我々の銀河(天の川銀河)のお隣、250万光年かなたの渦巻き銀河です。空が暗い場所で、透明度が高い時に、双眼鏡で覗くのが最もよく見えると言われています。ぜひ、挑戦してみてください。
  • カシオペヤ座とペルセウス座の間には、二つの散開星団が仲良くならぶ、二重星団、hχがあります。双眼鏡でも美しい対象です。細かい星がパラパラとごく小さく集まっています。ぜひ、挑戦してみてください。
  • 秋の星座、ペガスス座の鼻先にある球状星団、M15、みずがめ座のα星とβ星とで、直角三角形を作り位置にある球状星団、M2は、双眼鏡でギリギリわかるかもしれません。挑戦してみましょう。

※双眼鏡は、倍率6〜10倍で口径40〜50mmを推奨します。

出典、参考


※このページは、ツイッター、ブログなどでの拡散大歓迎です!また、事実の羅列なので、著作権はありません。コピペも可です。ネタ作りに大いにご利用ください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-01 (日) 00:44:57 (165d)