2020年12月の夜空

2020年天文現象、行事メモ
※月齢は21時の値(こよみの計算 - 国立天文台暦計算室にて計算、未明の現象は前日の月齢とする)

今月の一番星は何?

南西の低空の木星、または、南東の火星

(茨城付近では、日没は午後4時半ごろ、日暮れは午後5時ごろとなります。)

※参考:こよみの計算 - 国立天文台暦計算室(日の出入り・南中時、薄明・薄暮) 計算地点:ふれあいの里天文台

※夜明・日暮の時刻は太陽の中心高度が-7°21′40″となる時刻 参考:こよみ用語解説 太陽や月などの運動 - 国立天文台暦計算室

月日(曜日)夜明日の出日の入日暮
12月 1日(火)05:5606:3016:2516:59
2021年 1月 1日(金)06:1406:4816:3617:10

夕空(日暮れの頃)の見時

南西の低空で木星と土星が非常に近くに並んでいます。これから、12月21日の離角6分台の超大接近まで、どんどん近づいていきます。また、東の空には火星が昇っています。17日(木)には木星と土星に細い三日月が接近、24日(木)には火星に上弦過ぎの月が近づきます。

  • 12月17日(木)夕方の南西の空で、月(月齢2.8)が、超接近中の木星、木星に接近
  • 12月21日(月)〜22日(火) 夕方の南西の低空で、木星と土星が、離角6分台まで超大接近
  • 12月24日(木)夕方の東の空で、月(月齢9.8)が、火星に近づく
  • 12月27日(日)夕方の東の空で、月(月齢12.8)が、ヒアデス星団に入り、おうし座のアルデバランに接近

三日月

半月(上弦)は、12月22日(火)08:41、三日月は 12月17日(木)で、12月16日(水)〜21日(月)は、西空に三日月形の月が見られます。

満月

  • 30日(水)12:28
    • アメリカの民間伝承による満月の名前(旧メイン州農暦によるブルームーン計算法)
      • Wolf Moon, Old Moon, Moon After Yule, Ice Moon(ウォルフ・ムーン、オールド・ムーン、ムーン・アフター・ユール、アイス・ムーン)
    • 現行アメリカ農暦(Farmers’ AlmanacOld Farmers’ Almanac 現在発行版)による満月の名前
      • 12月 Full Cold Moon(別名:Full Long Nights Moon, Moon before Yule) コールド・ムーン〜寒さが厳しい頃の月

今月の惑星

  • 木星(−2等)は、日没時には、南西の低空に昇っています。午後8時頃〜午後6時半頃、南西の空で沈みます。
  • 土星(1等)は、日没時には、南西の低空に昇っています。午後8時頃〜午後6時半頃、南西の空で沈みます。
  • 火星(−1等〜0等)は、日没時には、南東の空に昇っています。午前2時半頃〜午前1時頃、西の空に沈みます。
  • 金星(−4等)は、日の出前の南東の空に見えます。午前4時頃〜午前5時半頃、南東の空に昇ってきます。
  • 水星(2等〜−1等)は、太陽方向で見づらいです。

 夕方の南西の低空には、土星、木星が非常に接近して並んでいて、どんどん近づいていきます。12月21日(月)には離角6分台まで超大接近します。また、夕方の南東の空には、火星が昇っています。
朝方の空では、日の出前の南東の低空に金星が明けの明星として輝いていますが、高度を下げていきます。水星は、今月いっぱい太陽方向で見づらいです。

  • 12月13日(日)日の出直前の南東の極超低空で、月(月齢27.3)が、金星に接近(離角約1度)
  • 12月17日(木)夕方の南西の空で、月(月齢2.8)が、超接近中の木星、木星に接近
  • 12月21日(月)〜22日(火) 夕方の南西の低空で、木星と土星が、離角6分台まで超大接近
  • 12月24日(木)夕方の東の空で、月(月齢9.8)が、火星に近づく

見やすい星座

※宵の空(20時ごろの星空)での見え方です。

 火星が南の空高く君臨し、暗い星の多い秋の星座をさらにわかりにくくしています。天頂にはアンドロメダ座、北の空高くW時のカシオペヤ座、南西の空高く台形の星の並び、秋の四辺形(ペガススの四辺形)があり、ここから、秋の一つ星、みなみのうお座のフォーマルハウト、くじら座のデネブ・カイトスを見つけることができます。
東の空には冬の星座が昇っており、オリオン座が東の空に目立っています。

今月の流星群

  • 12月13日(日)夜〜14日(月)明け方、ふたご座流星群の見ごろ。条件:最良

     ペルセウス座流星群とともに二大流星群といわれ、毎年必ず流れる、ふたご座流星群、今年は最もたくさん流れると考えられる13日夜〜14日明け方が新月近くになり、月の条件は最良です。13日の夜から14日の夜が明けるまで、楽しめますので、今年は是非、空を眺めてみてください。必ずや流星を見ることができると思います。

    ※参考:国際流星機構 2020 Meteor shower calender (PDF) 21page

 冬の流星観望は、とにかく寒さとの戦いです。冬の夜は思いの外、冷え込みます。特に体を動かさないため、どんどん体が冷えてしまいます。風が吹くとさらに体感温度が下がります。防寒具はもちろん、防風の生地やカイロなど、必要以上と思われる防寒対策で臨みましょう。
流星を見るコツは、とにかく、たくさんの空が見える空の開けたところで、できれば横になって、なるべく空全体を見るように顔を動かせば、運が良ければ、見つけることができるでしょう。ただし寒いので、体が直接地面や建物に触れないよう敷物やいす、寝台など工夫しましょう。また、立ったまま首を真上に向け続けると、首を痛めることがありますので、十分注意してください。

天文現象と関連行事

双眼鏡、小望遠鏡のある人は

  • 下弦〜三日月となる、12月 8日(火)頃〜17日(木)頃は、星雲星団、天の川の見頃となります。
  • 南東の低空のとも座から冬の大三角形の真ん中を通り、天頂のペルセウス座を通り、北西のカシオペヤ座、北西の低空のはくちょう座に流れていきます。ペルセウス座から北西の秋の天の川の部分は双眼鏡で見ると細かい星で溢れていて、肉眼で天の川が見ることができなくても、双眼鏡なら天の川がわかります。南西側の冬の天の川は、薄く、淡くなりますが、双眼鏡では、細かい星が見つかるかもしれません。挑戦してみてください。
  • ペルセウス座の中心付近の散開星団、天の川の細かい星の中に浮かぶ宝石の輝きは見ごろです。是非、双眼鏡で覗いてみてください。
  • アンドロメダ座銀河も見頃です。ぜひ、探してみてください。
  • カシオペヤ座とペルセウス座の間の、二つの散開星団が仲良くならぶ、二重星団、hχも見頃です。ぜひ、挑戦してみてください。
  • ぎょしゃ座の散開星団、M36、M37、M38は双眼鏡では、細かい埃のような見え方ですが、好機ですので、是非、覗いてみてください。
  • ふたご座の足元の散開星団、M35は、双眼鏡で細かい星の集まりであることがわかります。確認してみてください。

※双眼鏡は、倍率6〜10倍で口径40〜50mmを推奨します。

出典、参考


※このページは、ツイッター、ブログなどでの拡散大歓迎です!また、事実の羅列なので、著作権はありません。コピペも可です。ネタ作りに大いにご利用ください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-05 (土) 12:48:33 (131d)