2020年11月の夜空

2019年天文現象、行事メモ
※月齢は21時の値(こよみの計算 - 国立天文台暦計算室にて計算、未明の現象は前日の月齢とする)

今月の一番星は何?

南の空〜南西の空の木星

(茨城付近では、日没は午後4時半ごろ、日暮れは午後5時半ごろ〜午後5時ごろとなります。)

※参考:こよみの計算 - 国立天文台暦計算室(日の出入り・南中時、薄明・薄暮) 計算地点:ふれあいの里天文台

※夜明・日暮の時刻は太陽の中心高度が-7°21′40″となる時刻 参考:こよみ用語解説 太陽や月などの運動 - 国立天文台暦計算室

月日(曜日)夜明日の出日の入日暮
11月 1日(月)05:2806:0016:4417:16
12月 1日(火)05:5606:3016:2516:59

夕空(日暮れの頃)の見時

南〜南西の空で木星と土星が近くに並んでいるのが見えます。これから、12月21日の離角6分台の超大接近(見かけ上)まで、どんどん近づいていきます。また、東の低空には火星が昇っています。19日(木)には、木星と土星に、26日(木)には、火星に、月が近づきます。

  • 11月19日(木)夕方の南西の空で、月(月齢4.3)が、土星に接近中の木星に接近し、月、木星、土星が三角形に並ぶ(木星と土星は12月21日に向けどんどん近づいていく)
  • 11月26日(木)夕方の東の空で、月(月齢11.3)が、火星に近づく

三日月

半月(上弦)は、11月22日(日)13:45、三日月は 11月18日(水)で、11月17日(火)〜21日(土)は、西空に三日月形の月が見られます。

満月

  • 30日(月)18:30
    • アメリカの民間伝承による満月の名前(旧メイン州農暦によるブルームーン計算法)
      • Oak Moon, Cold Moon, Long Night’s Moon, Long Night moon, Snow Moon, Moon Before Yule(オーク・ムーン、コールド・ムーン、ロングナイト・ムーン、ムーン・ビフォー・ユール)
    • 現行アメリカ農暦(Farmers’ AlmanacOld Farmers’ Almanac 現在発行版)による満月の名前
      • 11月 Full Beaver Moon(別名:Frosty Moon, Frost Moon) ビーバー・ムーン〜ビーバーを獲るために仕掛けをかける頃の月

今月の惑星

  • 木星(−2等)は、日没時には、南の空に昇っています。午後9時半頃〜午後8時頃、南西の空で沈みます。
  • 土星(1等)は、日没時には、南〜南西の空に昇っています。午後9時半頃〜午後8時頃、南西の空で沈みます。
  • 火星(−2等〜−1等)は、日没時には、東の空に昇っています。午前4時半頃〜午前2時半頃、西の空に沈みます。
  • 金星(−4等)は、日の出前の東の空に見えます。午前3時頃〜午前4時頃、東の空に昇ってきます。
  • 水星(2等〜−1等)は、 2日(月)ごろから日の出直前の東北東の極超低空にあらわれ、高度を上げて、11日(水)の西方最大離角で、日の出直前の高度、17度17分、明るさ-0.6等となり、高度を下げていき、27日(金)ごろには見づらくなります。

 夕方の南の空〜南西の空には、土星、木星が並んでいて、どんどん近づいていきます。12月21日には離角6分台まで超大接近します。また、夕方の南東の空には、火星が昇っています。
朝方の空では、東の空に金星が明けの明星として明るく輝いていますが、高度を下げていきます。 2日ごろから日の出直前の東の空に水星が見え始め、高度を上げて、11日(水)に西方最大離角となり、その後、高度を下げていき、27日ごろには見づらくなります。

  • 11月11日(水)水星、西方最大離角(日の出時の高度 17度17分、明るさ -0.6等)
  • 11月13日(金)日の出前の東の低空で、月(月齢26.7)が、金星に接近
  • 11月14日(土)日の出直前の東の極超低空で、月(月齢27.7)が、水星に接近
  • 11月16日(月)火星、留
  • 11月19日(木)夕方の南西の空で、月(月齢4.3)が、土星に接近中の木星に接近し、月、木星、土星が三角形に並ぶ(木星と土星は12月21日に向けどんどん近づいていく)
  • 11月26日(木)夕方の東の空で、月(月齢11.3)が、火星に近づく

見やすい星座

※宵の空(20時ごろの星空)での見え方です。

 こと座の一等星ベガ、はくちょう座の一等星デネブ、わし座の一等星アルタイルを結んでできる夏の大三角形は、西の空に傾き、南の空高く、天頂付近には、秋の星座の道しるべ、秋の大四辺形(ペガススの四辺形)が昇っています。一等星による夏の大三角形と違って、二等星と三等星で形作られるので、道しるべを探すのが難しいのが秋の星座ですが、それだけあって、なかなか星を結んでいくのが難しい星座ばかりです。南の低空には秋の星座たった一つの一等星、みなみのうお座のフォーマルハウトが寂しく光っています。ところが、今年は、ペガスス座のすぐ左下に、準大接近を迎えて明るい火星が輝いて秋の空に君臨しています。夕空で仲良く南の空に並んでいた木星と土星は、宵の頃には、南西の空に沈みそうで、下旬には沈んでしまいます。

天文現象と関連行事

双眼鏡、小望遠鏡のある人は

  • 下弦〜三日月となる、11月 8日(日)頃〜18日(水)頃は、星雲星団、天の川の見頃となります。
  • 北東の空のぎょしゃ座からペルセウス座、カシオペヤ座を通り、夏の大三角形の真ん中へと流れていく天の川(銀河)は、双眼鏡で見ると、たくさんの星で溢れています。天の川の流れに沿って双眼鏡で辿る「天の川下り」をぜひ、やってみてください。
  • ペルセウス座の中心付近の散開星団、見頃になっています。天の川の細かい星の中に浮かぶ宝石の輝きのように見えるのをぜひ、見てみてください。
  • アンドロメダ座銀河は、空高く上がり、双眼鏡を支えづらいですが、見頃ですので、ぜひ、探してみてください。
  • カシオペヤ座とペルセウス座の間の、二つの散開星団が仲良くならぶ、二重星団、hχも見頃です。ぜひ、挑戦してみてください。

※双眼鏡は、倍率6〜10倍で口径40〜50mmを推奨します。

出典、参考


※このページは、ツイッター、ブログなどでの拡散大歓迎です!また、事実の羅列なので、著作権はありません。コピペも可です。ネタ作りに大いにご利用ください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-28 (土) 18:28:29 (58d)