太陽投影ピンホールカード

部分日食を投影するためのピンホールカードを作ってみました。
表側に使い方、裏側に日食観察の注意を載せています。
A4の厚紙(厚みのある両面印刷用マット紙)にプリンターで両面にプリントすると、4枚できます。

  • pdfです。縮小しないで、片面ずつ印刷してください。
  • いったんダウンロードしてから印刷されるとずれなくてよいようです。

等分に切って、ピンホールと書いてあるところにピンホールをあけて、使ってください。
ピンホールは、文字通り、針であけてもいいですし、皮抜きポンチ(皮ポンチ、穴あけポンチ)だと、丸く、かえりも少なく空いてくれます。私は手元にあった1mmのものを使いましたが、もう少し大きい方が、像が明るくなってくれるので、よいかもしれません。ピンホーカメラのように像を映すのではなく、形を見るだけなので、3mmくらいでも良さそうです。

  • カードの場合、投影する距離の1/200の大きさの穴がよいそうです。1mくらい離すなら5mmの穴です。晴れた日に実験してみると、確かに、形だけを見るなら5mmのほうが明るくてよかったです。(カードの厚みというか、遮光量も関係ありそうですが。)5mmだとピンホールというよりも紙パンチの穴ですね。実際、紙パンチ用の穴あけ器で空けると、簡単に丸い穴があけられそうです。(紙の真ん中に空けるのが難しそうですが。)

表側ページ
filephc-frontac.pdf

裏側ページ
filephc-backac.pdf

--つるつる亭やかん 2009-07-18 (土) 01:18:08


添付ファイル: filephc-backac.pdf 683件 [詳細] filephc-front.gif 16件 [詳細] filephc-back.gif 11件 [詳細] filephc-frontac.pdf 874件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-27 (土) 13:33:43 (1578d)