[[会員による画像集]]
* 惑星_火星土星 [#nf698d1e]

#ref(sSaturnF_20180819.jpg)
FC-100DFで撮った土星~
#ref(Mars20180818.jpg)
FC-100DFで撮った火星~
~
ここの所、透明度が良くなって写真が撮り易くなってきましたが気流はイマイチでした。~
Nikonのデジカメ動画から無圧縮のaviを作成するスクリプトを作成しました。今回のは2Kですが、4Kから切り出すと更に大きな画像になりそうです。~
Nikonのデジカメ動画から無圧縮のaviを作成するスクリプトを作成しました。~
今回のは2Kですが、4Kから切り出すと更に大きな画像になりそうです。~

撮影日時:2018/8/19 0:18〜1分~
撮影方法:コリメート撮影 mov形式⇒avi変換~
撮影機材:カメラNikon D500 ISO1000 60fpsの撮影設定~
     FC-100DF Or7mm (FL740/7=105倍)~
焦点距離:FL740mm
画像処理: 2K(1920x1080)約1分から 640x400pixelに切り出してaviを作成~
     RegiStax6にてスタック&ステライメージ7にて若干修正~
特記事項:シーイングはあまり良くなく、火星は極冠が見える程度(踊るほどでは無いが)・・・~
次回はC11で撮りたいですが、自動経緯台の電気系統がお亡くなりになりました。(^^;~
~[[tag/惑星]]
~
切り出しコードですが、添付してみました。~
mov2avi.pyというファイルです。これ、ダウンロード出来るんでしょうか?~
[添付]の[添付ファイル一覧]で出てきます。~
環境は、~
Python 私の場合はまだ3.4.4~
OpenCV (私の場合は3.1です)画像処理の為のライブラリです。通常C++向け ~
これ以外でも動くと思います。(Pythonは2.7など有りますが、printくらいしか変わらないかと)~
使い方は、~
コマンドプロンプトにして、~
python mov2avi.py DSC_2476.MOV [enter]などとします。~
mov2avi.pyは添付のコード名で、moc2avi.pyという名前で保存してあります。~
mov2avi.pyは添付のコード名で、mov2avi.pyという名前で保存してあります。~
変換するファイルはここではDSC_2476.MOVで、これを無圧縮のaviにします。(Gレベルのサイズになるので注意)~
途中で停止したい場合は"q"を押すと止まります。~
切り出しの場所ですが、x,yが切り出し開始位置, width,heightが切り出しサイズです。~
これも引数にしても良いのですが、現時点ではコードを変える形です。~

~-- [[Kataoka]] 2018-08-19 (日) 17:27:41
----

#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS