*3月の星空(編集中) [#ifccd767]
*3月の星空 [#ifccd767]
(星図は3月15日午後8時30分頃の様子です)
#ref(Mar.jpg,nolink,3月の星空)
RIGHT:This chart was created with [[&ref(5月の星空/xplns.jpg,nolink,xplns);:http://www.astroarts.co.jp/products/xplns/index-j.html]].

~梅の花も咲き,すっかり春になってきました(暖冬だった今年は,2月下旬に「この冬一番の冷え込み」があったりもしましたが).花粉症の方,調子はいかがですか?
~夜もだいぶ暖かくなり,星を見るにも楽にはなってきたのですが,これからしばらくは「春霞」のせいで澄んだ星空に出会う回数はだいぶ減ってしまいます.今年は特に,冬の間でさえ澄んだ星空になかなかめぐりあえませんでしたから,なおさら心配です.それでも,日が沈む頃,西の空の赤さと頭上の空の青さが鮮やかな日は綺麗な星空になることが多いので,そんな日を逃さないように今月も元気に星を見にでかけましょう.
~日が暮れたらすぐ空を見てみましょう.とっても明るい星が輝いています.&color(green){宵の明星};,&color(red,lightgrey){金星};です.[[先月>2月の星空]]あたりから見頃になっていた&color(red,lightgrey){金星};は6月9日の東方最大離角((地球から見て太陽から東側に最も大きく離れて見えること.水星と金星は地球の内側を回っていて,いつも太陽の近くに見えるため,この“東方最大離角”の時か,逆に西側でもっとも離れて見える“西方最大離角”の時が最も見やすい))に向けて夕空の中でどんどん高度を上げ,さらに目立つようになっています.日が沈む頃になったらだれが一番早く&color(red,lightgrey){金星};を見つけられるか競争してみるのも面白いものですよ.
~冬の間夜空に君臨した星座の王様「&color(red){オリオン座};」も西に傾き,春霞のせいでその輝きも目立たなくなってきました.今度の夜空の主役は北の空,&color(green){北斗七星};です.この&color(green){北斗七星};,実は&color(red){おおぐま座};の一部,くまのお尻からしっぽの部分です.星が綺麗に見えている夜は是非&color(red){おおぐま座};の全体を探してみてください.その大きさにきっとびっくりするでしょう!「&color(red){おおぐま};」と呼ばれるだけあって,本当に大きな星座なのです.

#ref(M44_070215.jpg,right,wrap,around,nolink,プレセペ星団)
~頭の真上には名前だけ有名な「&color(red){かに座};」が見えます.ところが,この「&color(red){かに座};」,&color(blue){誕生星座};でおなじみ&color(green){黄道12星座};の中で最もみつけにくい星座なのです.&color(blue){星座神話};では,勇者&color(red){ヘラクレス};((星座の名前としては&color(red){ヘ};&color(navy){''ル''};&color(red){クレス};と呼ぶことが多いのですが,もともとこの英雄の名前はギリシャ神話中では“Ηρακληζ”と綴り,&color(red){ヘ};&color(navy){''ラ''};&color(red){クレス};に近い発音です.星座の名前としては“Ηρακληζ”のラテン語綴り“Hercules”の読みを使うために&color(red){ヘ};&color(navy){''ル''};&color(red){クレス};となる訳ですが,ここでは英雄の名前ですからもともとの&color(red){ヘ};&color(navy){''ラ''};&color(red){クレス};と記述しています.とは言え,もともと外来語を日本語の発音に無理矢理あてはめている訳ですから,みなさんは呼びやすい方で呼んでください.))を倒すために放たれた刺客だったのですが,&color(red){ヘラクレス};にあっさりと踏み潰されたかわいそうな&color(red){カニ};です.&color(blue){星座神話};上,もっとも情けない動物で,星座を形づくる星も暗いものばかり...夜空の明るい都市部ではほとんど見ることができません.慣れた人でも見つけるのに苦労する&color(red){かに座};ですが,その真中には&color(blue){「プレセペ星団」};(写真)と呼ばれる美しい星団があります.少し暗めですが,双眼鏡でも20個くらいの星が集まっている姿を楽しむことができます.機会があったら,20倍程度の望遠鏡で眺めるのも面白いでしょう.
~よく見るともっとたくさん明るい星がありますね.&color(red){オリオン座};の&color(blue){リゲル};,&color(red){おうし座};の&color(blue){アルデバラン};,&color(red){ぎょしゃ座};の&color(blue){カペラ};,&color(red){ふたご座};の&color(blue){ポルックス};,全部一等星です.&color(blue){ベテルギウス};を中心にしてこれらの一等星を線で結ぶと大きな&color(green){六角形};ができあがります.これを&color(green){「冬のダイヤモンド」};なんて呼ぶこともあります.実はこれに(二等星ですが)&color(red){オリオン座};の右上のやや明るい星(&color(blue){ベテルギウス};は左上),&color(blue){ベラトリクス};を加えて,&color(blue){アルデバラン};から反時計回りに線で結び,&color(blue){ベテルギウス};で終わるようにすると大きな「&color(green){G};」の字が出来上がります.これを&color(green){「冬のグレート“G”」};なんて呼んだりすることもあるんですよ.
#ref(1月の星空/Sat.jpg,right,wrap,around,nolink,2006年1月7日の土星)
~東の空に目を向けると&color(grren){春の星座};たちが顔を出してきています.その先陣を切るように&color(red){しし座};が元気に駆け上がってきています((実は&color(red){しし座};より先に&color(red){かに座};が昇っているのですが,星座神話中最も“情けない”動物である&color(red){かに};の中には明るい星がなく,よくよく注意深く探してみないと見つからないのです.)).その&color(red){しし座};の心臓,一等星の&color(blue){レグルス};の近くには人気者&color(red,lightgrey){土星};も輝いています.環をもった,“あの”星です.まだ望遠鏡で見たことのない方,是非見てください.きっと感動しますよ.「写真は本当だったんだなぁ」って.
頭の真上には名前だけ有名な「&color(red){かに座};」が見えます.ところが,この「&color(red){かに座};」,&color(blue){誕生星座};でおなじみ&color(green){黄道12星座};の中で最もみつけにくい星座なのです.&color(blue){星座神話};では,勇者&color(red){ヘラクレス};((星座の名前としては&color(red){ヘ};&color(navy){''ル''};&color(red){クレス};と呼ぶことが多いのですが,もともとこの英雄の名前はギリシャ神話中では“Ηρακληζ”と綴り,&color(red){ヘ};&color(navy){''ラ''};&color(red){クレス};に近い発音です.星座の名前としては“Ηρακληζ”のラテン語綴り“Hercules”の読みを使うために&color(red){ヘ};&color(navy){''ル''};&color(red){クレス};となる訳ですが,ここでは英雄の名前ですからもともとの&color(red){ヘ};&color(navy){''ラ''};&color(red){クレス};と記述しています.とは言え,もともと外来語を日本語の発音に無理矢理あてはめている訳ですから,みなさんは呼びやすい方で呼んでください.))を倒すために放たれた刺客だったのですが,&color(red){ヘラクレス};にあっさりと踏み潰されたかわいそうな&color(red){カニ};です.&color(blue){星座神話};上,もっとも情けない動物で,星座を形づくる星も暗いものばかり...夜空の明るい都市部ではほとんど見ることができません.慣れた人でも見つけるのに苦労する&color(red){かに座};ですが,その真中には&color(blue){「プレセペ星団」};(写真)と呼ばれる美しい星団があります.少し暗めですが,双眼鏡でも20個くらいの星が集まっている姿を楽しむことができます.機会があったら,20倍程度の望遠鏡で眺めるのも面白いでしょう.

~北の空に目を向けると&color(green){北斗七星};が見えます.この&color(green){北斗七星};,実は&color(green){春の星座};&color(red){おおぐま座};の一部です.真冬の間も休まず星を見続けていると,この&color(green){北斗七星};が北の空高く上がってくるようになると「(寒さも)もう少しの辛抱!」と感じます.&color(red){星座};で季節の移り変わりを感じるようになると夜空が本当に身近に感じて,星を見るのがもっと楽しくなりますよ(中毒も重症だといわれたりもしますが...).
#clear
#ref(1月の星空/Sat.jpg,left,wrap,around,nolink,2006年1月7日の土星)
~文字通りの大スター,&color(red,lightgrey){土星};が早い時間でもだいぶ高く昇るようになってきました.春霞でやや眠たいような空になってしまうことが多いこの季節ですが,冬に比べて上空の気流が安定しますから,望遠鏡で見た&color(red,lightgrey){土星};の姿は実はこれからの方が「きりっ」と締まって見えます.&color(red,lightgrey){土星};程の明るさがあればやや薄もやがかかっているような夜でも充分見え,実はそんな天気の日の方が細かい所まで良くみえたりすることもあります.望遠鏡で拡大して見る時は,上空の気流の具合が強く影響しますから,チャンスがあれば何度も見てみてください.うまく気流が安定している時に見ることができれば,環の外側にある細くて黒い筋,「カッシーニの隙間」や,環に写る&color(red,lightgrey){土星};本体の影等も見ることができ,美しく,そして興味深い姿を堪能することができます.

RIGHT:Y-Nakagawa

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS