HTV技術実証機・H-IIB試験機覚え書き

2009年9月11日2:01「日本初の宇宙船」HTV(H-IIB Transfer Bihcle)技術実証機が、日本初のクラスタリング液体エンジンを使用した過去最大のロケットH-IIBによって、種子島宇宙センター第2射点より打ち上げられました。
15分後、HTVは無事ロケットより分離され、つくばのHTV管制室との通信を確立、種々の運用検証試験を行った後、飛行6日目、ISSミッション管理会議によるISSへの最終接近運用が承認され、9月17日10:59にISS後方5kmの接近開始点、9月18日1:38にはISS下方500mのRバー開始点に到着、ランデブセンサーを用いてISSに徐々に接近し、9月18日4:27にISS下方10mに接近したところでスラスタエンジン停止、同日4:51、ISSロボットアームにて把持され、7:27にはISSハーモニーノード地球側CBM(Common Berthing Mechanism)に結合、10:49電源通信ラインが接続されて最終結合作業が完了、翌3:23HTV補給キャリアの与圧部ハッチが開けられ、ISSクルーが入室、日本の「宇宙船」に初めて人間が乗り込みました。
その後、与圧部の搭載物の搬出作業、非与圧部の暴露パレットを使った「きぼう」船外実験プラットフォームへの船外実験装置(SMILES、HRER)の移設作業、ISS廃棄物の積み込み作業が完了、42日間と16時間35分のISS係留の後、10月31日0:02、ISSロボットアームにてISSから取り外され、2:32にはロボットアームから放出され、ISSから離脱、軌道離脱マニューバを3回行い、11月2日6:26、ニュージーランド上空において高度120kmに達し、大気圏に突入、燃焼廃棄され、大きな失敗もなく、成功裏に全ミッションを終了しました。

今回は、ロケット、宇宙船、ともに初物づくしのミッションでしたが、関係者の努力で、無事成功させることができました。これらの過程、関係者のインタビューなどが、Webページや動画で残されていますので、それらのリンクを覚え書きとして残しておきたいと思います。 --つるつる亭やかん 2009-11-21 (土) 11:38:24

YouTube jaxachannelにその後のミッションダイジェスト動画が登録されていましたので、追加しました。 --つるつる亭やかん 2010-01-01 (金) 22:45:09

JAXAのWebページ

JAXAビデオライブラリ

YouTube jaxachannel


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-27 (土) 13:33:42 (1575d)