ペルセウス座流星群計測観測結果

 特に方向を決めず、全天を見て、数を数えました。散在と群の区別は、うまくできていませんが、群流星の方が明らかに優勢でした。(ZHRなどの補正は行っていません。生の計測数です。)計測参加者は、計7名でした。場所は、ふれあいの里天文台屋上で、東側に山があって30度ほど視界が遮られています。一晩中快晴で、雲に遮られる事はありませんでした。透明度も非常によく、天の川がはっきり分かりました。月は新月で、月明の影響もありません。

 時刻はJST、日付は2007年8月12日で30時間制の表現をしています。

時間個数備考
23:30~24:0011
24:00~24:3015
24:35~25:00195分休憩
25:00~25:3034
25:30~26:0038
26:00~26:3029
26:30~27:0040
27:00~27:3038
27:30~28:0023薄明中

 平均で1分に1個ぐらいの割合で飛んでいたようです。

-- つるつる亭やかん 2007-08-14 (火) 16:47:51


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-27 (土) 13:33:41 (1642d)