会員による画像集

火星〜2010年1月23日

mars100123Lab.jpg

1月28日に小接近を迎える火星を撮影してみました。モノクロのQHY5とカラーのQHY5vのRegistax処理画像を、LRGB合成してみました。小接近で小さかった上、シンチレーションがよくなかったのですが、ちょうど大シルチスが見える時間帯だったようで、はっきり、写ってくれました。北極冠もよくわかります。(北が下、南が上です。)

撮影データ:
アストロフィジックス17.5cmF9セミアポクロマート屈折にATM拡大チューブで高橋Or9mmにて拡大、以下のCCDカラーおよびモノクロ画像より PhotoshopCS4にてLRGB合成
カラー画像:QHY5vによる2010年1月23日22:58から30msごと60秒撮影の動画像1978枚から、Registaxにてコンポジット、ウエーブレットフィルタ処理
モノクロ画像:QHY5による2010年1月23日23:05から30msごと60秒撮影の動画像1874枚から、Registaxにてコンポジット、ウエーブレットフィルタ処理

ちなみに、カラーの動画像の一部は、以下のような感じです。シンチレーションの悪さとRegistaxの威力がわかります。

-- つるつる亭やかん? 2010-01-24 (日) 20:32:07

tag/火星tag/QHY5


  • さすがよく見えますね。部屋の赤道儀に載っていた75mmF6.7(500mm)屈折で直焦撮影したら単なる輝点で絵になりませんでした。ビデオによる拡大撮影してRegistaxで処理するしかないでしょう。 -- k.nishino? 2010-01-24 (日) 21:23:35
  • 確かに、口径(17.5cmセミアポ)の威力もありますね。いつもは、2xバローレンズを使うのですが、それでは、拡大率が足りず、今はなき「ATM」の拡大アダプタを使いましたが、Or9mmのどこかに着いているホコリかゴミ(花粉?)が回折像を落としてしまっていて、エアで吹いただけではとれず、ゴミのないところに火星像をおいて撮りました。この点はバローの方が焦点面がないので、楽ですね。ただ、シンチはひどかったので、Registaxの威力がおおいに発揮されました。 -- つるつる亭やかん? 2010-01-24 (日) 21:40:57
  • 残りの画像を処理して、まとめてアップしました。会員による画像集/火星100123〜24をご覧下さい。時間が経つにつれて、だんだん、シンチレーションがよくなっていますので、HDDの空きがあったら、もっと粘ればよかったです。天文台の1階に1GBのNASと無線ルータをおいて、上からデータを送って貯められると便利ですね。(あとから処理するのが、すごい手間になるのと、そのデータをどうやって持ち帰るのかが課題ですが。) -- つるつる亭やかん? 2010-02-03 (水) 13:22:54

添付ファイル: filemars100123-8.wmv 58件 [詳細] filemars100123Lab.jpg 63件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-29 (水) 23:36:48 (875d)