2015年11月の夜空

2015年天文現象、行事メモ

今月の一番星は何?

西の空高くほとんど真上に白く輝く、こと座のベガ(0等)です。
ベガを見つけて、首がいたくなるくらい真上を見上げ、さらに体を反らせると、はくちょう座のデネブ、わし座のアルタイルが見えてきて、天頂に大きな三角形、夏の大三角形ができているのが分かるでしょう。(首や背中を痛めないよう十分注意してください。)

(日没は、茨城付近では、午後5時前頃〜午後4時半頃となります。)

夕空の見時

日が暮れて、夕焼けが終わるころ、西の空高く夏の大三角形が見つかります。夕空の巨大な三角形は良く目だつでしょう。
26日(木)には、夕方の東の超低空で、満月から、おうし座のアルデバラン(1等)が出てくる星食の出現のみが見られます。月の出前に満月に隠されたアルデバランが月の出の1時間後に満月から出てきます。東の超低空、高度10度ほどの高さでの現象なので、東に何もない場所を探して見てください。また、月の明るい縁からの出現なので、出現した瞬間は分かり辛いかもしれません。気がついたら、星が出ていたというかんじです。また、望遠鏡か双眼鏡を使った方が、出現の瞬間を見やすいでしょう。

  • 11月26日(木)18:01 夕方の東の超低空で、満月からアルデバランが出現(明縁出現)

三日月と満月

三日月は14日(土)、半月(上弦)は19日(木)で、14日(土)〜18日(水)は、西空に三日月形の月が見られます。満月は26日(木)です。

今月の惑星

  • 金星(−4等)は、午前2時半頃〜午前3時頃に東の空に昇り、未明の空にまばゆく輝きます。火星木星がすぐ近くにあり、未明の東の空をにぎわせます。
  • 火星(2等)は、午前2時過ぎに東の空に昇ってきます。
  • 木星(−2等)は、午前2時頃〜午前0時半頃に東の空に昇ってきます。
  • 土星(1等)は、日の入り直前の西の超低空に昇っていますが、すぐ沈んでしまいます。
  • 水星(ー1等)は、太陽方向で見づらいです。

明け方の見時

9月下旬から金星(−4等)が明けの明星となって東の空にまわり、木星(−2等)、火星(2等)が加わって、明け方の東の空で、互いに接近を繰り返し、見頃となっています。12月ごろまで、明け方の空は賑やかですので、早起きしたら、ぜひ眺めて見てください。特に、 4日(水)には金星と火星が離角約1度に近づき、その右上には木星があります。また、7日(土)、 8日(日)には、集合しているこれらの惑星に細い月が近づき、よい眺めとなります。

  • 11月 4日(水)明け方の東の低空で、火星に金星が非常に接近。(離角:1度ほど)(右上には木星)
  • 11月 7日(土)明け方の東の低空で、細い月(月齢25.5)が集合する木星、金星、火星に接近(接近する火星、金星と木星の間にくる。)
  • 11月 8日(日)明け方の東の低空で、細い月(月齢26.5)が金星に接近(金星の下にくる)

見やすい星座

 北の空高くW字のひっくり返った形、M字の開いた形に星が並んでいます。カシオペヤ座です。カシオペヤ座の右側(東側)には、ペルセウス座、左側(西側)には、夏の星座、はくちょう座があります。さらに上、天頂を越えた南側には秋の四辺形、ペガスス座があります。

天文現象と関連行事

  • 9月中旬〜12月中 明け方の東の低空で明けの明星となった金星と、木星、火星が集まり、それに細い月が絡んだりして、美しい。
  • 11月 2日(月)〜11日(水)GLOBE at Night 2015国際ひかり年公式行事)対象:ペルセウス座 Webアプリ
  • 11月 2日(月)〜6日(金)明け方の東の低空で、金星が火星に近い。(4日(水)に最接近)(右上には木星)
  • 11月 3日(火)文化の日
  • 11月 3日(火)下弦
  • 11月 4日(水)明け方の東の低空で、金星が火星に非常に接近。(離角:1度ほど)(右上には木星)
  • 11月 7日(土)明け方の東の低空で、細い月(月齢24.8)が木星、火星に接近(左下には金星)
  • 11月 7日(日)明け方の東の低空で、細い月(月齢25.8)が金星に接近(金星の下に来る。右上には火星、木星)
  • 11月12日(木)新月
  • 11月14日(土)三日月
  • 11月16日(水)〜17日(木)しし座流星群極大(17日13時)月齢:6 条件良(夜半以降) 1時間あたり2〜3個 (流星研のページ
  • 11月19日(木)上弦
  • 11月23日(月)勤労感謝の日
  • 11月26日(木)満月
  • 11月26日(木)夕方の東の空で満月の出の直後、月に隠されたアルデバランが出てくる(星食の出現のみ観測出来る)(東京で、潜入17:09、出現18:01)

ちなみに12月は、

  • 9月中旬〜12月中 明け方の東の低空で明けの明星となった金星と、木星、火星が集まり、それに細い月が絡んだりして、美しい。
  • 12月 2日(水)〜11日(金)GLOBE at Night 2015国際ひかり年公式行事)対象:ペルセウス座 Webアプリ
  • 12月 3日(火)下弦
  • 12月 4日(金)〜8日(火)明け方の東の空で、斜めに一直線に並ぶ、木星、火星、金星に細い月が通っていく。
  • 12月 4日(金)明け方の東の空で、月(月齢22.1)が木星に接近(左下には火星、金星が一直線に並んでいる)
  • 12月 5日(土)明け方の東の空で、月(月齢23.1)が木星と火星の間に入る(左下には火金星)
  • 12月 6日(日)明け方の東の空で、月(月齢24.1)が火星に接近(右上には木星、左下には金星)
  • 12月 7日(月)明け方の東の空で、月(月齢25.1)がスピカに接近(火星と金星の間に入る。右上には木星)
  • 12月 7日(月)金星探査機「あかつき」金星周回軌道へ再投入金星探査機「あかつき」金星周回軌道投入へ
  • 12月 8日(火)明け方の東の空で、月(月齢26.1)が金星に接近(右上には火星、木星)
  • 12月11日(金)新月
  • 12月13日(日)三日月
  • 12月14日(月)〜15日(火)ふたご座流星群極大(15日3時)月齢:22 条件超最良 1時間あたり70個 (流星研のページ
  • 12月19日(土)上弦
  • 12月22日(火)13:48 冬至
  • 12月23日(水)天皇誕生日
  • 12月25日(金)満月

双眼鏡、小望遠鏡のある人は

  • 下弦となる 3日頃から三日月となる13日頃まで星雲星団、天の川の見頃となります。
  • 夜半にかけて、カシオペヤ座とペルセウス座が空高く昇ってきます。カシオペヤ座とペルセウス座は秋の天の川に浸っています。特にペルセウス座は、3等、4等の星と、天の川の細かい星が両方見え、細かいの星の中に明るい星が宝石のように浸っているような見え方です。ぜひ、双眼鏡で、ペルセウス座の天の川の宝石を見てみてください。

※双眼鏡は、倍率6〜10倍で口径30〜50mmを推奨します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-11-01 (日) 23:00:28 (1331d)