2014年5月の夜空

今月の一番星は何?

日没は、茨城付近では、午後6時半頃〜午後7時頃となります。

今月の一番星は、西の空に昇っている木星(−2等)です。

夕空の見時

日没後、西の空に木星(−2等)が昇っています。

下旬、日没後の夕空の水星の観望に6年ぶりの好機となります。
夕空に東から土星、火星、木星、下旬にはこれに水星が加わり、4つの惑星を同じ空にいっぺんに見ることができます。

  •  1日(木)冬の星座のおうし座の顔の部分に当たるヒアデス星団を月齢2の月が通過します。細い月で、地球照もきれいです。
  •  4日(日)西に一番星として輝いている木星に月齢5の月が近づきます。
  • 11日(日)南東の空に上っている火星に月齢12の月が近づきます。
  • 12日(月)南東の空に上っているスピカに月齢13の月が近づきます。
  • 14日(水)東の低空に昇っている土星に月齢15の満月直前の月が近づきます。
  • 22日(木)〜24日(土)水星が6年ぶりに日没直後の高度が20度を超え、見つけやすくなります。この機会に是非、探してみて下さい。

三日月と満月

三日月は1日(木)、半月(上弦)は7日(水)1日〜6日は、西空に三日月形の月が見られます。満月は15日(木)です。

今月の惑星

  • 下旬に、水星(0等)が日没直後の西の低空で6年ぶりの観望好機となります。
  • 木星(−2等)が、西の空に昇っていて、金色にまばゆく輝きます。
  • 火星(−1等)が、南東の空に昇っていて、赤く輝きます。
  • 土星(0等)が、東の空に昇っていて、金色に輝きます。
  • 午前3時には、金星(−4等)が昇ってきて東の低空にまばゆく輝きます。

見やすい星座

春の星座は、北の高いところにある北斗七星からたどります。北斗七星の「柄」の部分のカーブをそのまま延長した「春の大曲線」をたどるとまず、金色にまぶしく輝くおうし座の一等星アークトゥルスに、さらにつつましやかに輝くおとめ座のスピカにたどり着きます。今年は、スピカの上にもっと明るく赤く輝く火星(−1等)があることから、スピカの代わりに火星にたどり着いてしまうかも知れません。アークトゥルスとスピカを結び右側に正三角形を作る位置に2等星がありますが、デネボラといい、しし座のしっぽに当たります。ここから右向きの「しし」(ライオン)の形をたどることが出来ます。しし座の心臓に当たる明るい白い星はレグルスという一等星です。

天文現象と関連行事

  • 5月 1日(木)日没直後の西の低空で、三日月前の細い月(月齢2.2)がヒアデス星団の中を通過(地球照もきれい)
  • 5月 2日(金)三日月
  • 5月 4日(日)宵の西の空で、木星に月齢5の月が接近
  • 5月 5日(月)〜11日(日)Astronomy Week (by Astronomical League)
  • 5月10日(土)Astronomy day (by Astronomical League) 
  • 5月 7日(水)上弦
  • 5月11日(日)宵の南の空で火星に月齢12の月が接近
  • 5月11日(日)土星が衝
  • 5月12日(月)宵の南東の空でスピカに月齢13の月が接近
  • 5月14日(水)宵の南東の空で土星に月齢15の月が接近
  • 5月15日(木)満月
  • 5月19日(月)いて座ρ星(3.9等)の食(月齢19.5)00:43 明縁潜入 01:54暗縁出現(東京での時間)
  • 5月20日(火)やぎ座β星(3.1等)の食(月齢20.4)01:42 明縁潜入 01:48暗縁出現(東京での時間) (やぎ座β星は、3.2等と6.1等の二重星)
  • 5月21日(水)下弦
  • 5月22日(木)〜24日(土)水星が日没直後、高度20度を超え、日没後としては6年ぶりの好機
  • 5月22日(木)〜26日(月)RTMC Astrnomy Expo アメリカ カリフォルニア州 Big Bear City, Camp Oakes にて
  • 5月24日(土)〜25日(日)Starlight Festival アメリカ カリフォルニア州 Big Bear Villageにて
  • 5月25日(日)水星東方最大離角
  • 5月26日(月)日の出前の東の低空で、金星に月齢27の月が接近
  • 5月28日(水)ソユーズTMA-13M打上げ(40/41次長期滞在宇宙飛行士)
  • 5月29日(木)新月
  • 5月31日(月)三日月
  • 5月31日(月)〜6月 1日(日)日没直後の西の低空にて、見やすくなっている水星、木星を三日月が通り過ぎる。(ふたご座を通り過ぎるため、さらに右(北)にカペラ、左(南)にプロキオンがあり、にぎやか。)

ちなみに6月は、

  • 6月 2日(月)〜 4日(水)全国プラネタリウム大会 姫路科学館(兵庫県姫路市)
  • 6月 6日(金)上弦
  • 6月 7日(土)宵の南西の空で火星に月齢10の月が接近(火星の右に月)
  • 6月 8日(日)関東地方梅雨入り平年
  • 6月 8日(日)宵の南西の空で火星とスピカの間に月齢11の月が入る
  • 6月10日(火)宵の南東の空で土星に月齢13の月が接近
  • 6月10日(火)Orbital2 シグナス補給機打上げ
  • 6月13日(金)満月
  • 6月20日(金)下弦
  • 6月21日(土)19:51 夏至
  • 6月21日(土)夏至ライトダウン
  • 6月25日(水)日の出直前の東北東の低空で金星に月齢28の月が接近(さらに下にヒアデス星団)
  • 6月27日(金)新月
  • 6月28日(土)〜29日(日)天文愛好者ミーティング2014(&第6回星空案内人の集い) 会場:大田原市ふれいあいの丘シャトー・エスポワール
  • 6月29日(日)三日月
  • 6月30日(月)〜7月 2日(水)日本公開天文台協会(JAPOS)第9回福島大会

双眼鏡、小望遠鏡のある人は

  • 下弦となる5月21日(水)頃から三日月となる5月31日(土)頃に星雲星団の見頃となります。
  • 南東の空に昇っている土星の好機です。この機会に小さな望遠鏡で覗いてみてください。ひょっとすると環が見えるかもしれません。
  • 双眼鏡で美しい散開星団、Mel(メロッテ)111、かに座のプレセペ(M44)をこの機会に是非ご覧下さい。

※双眼鏡は、倍率6〜10倍で口径30〜50mmを推奨します。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-27 (土) 13:33:33 (1723d)