2014年3月の夜空

今月の一番星は何?

日没は、茨城付近では、午後5時半頃〜午後6時頃となります。

今月の一番星は、北東の空高く昇っている木星(−3等)です。ほとんど真上に明るく輝く星を見つけて、驚くかもしれません。あまりに高度が高いので、かえって、見つけづらいかもしれません。そういう意味では、高度の低い、南に輝くおおいぬ座のシリウス(−1等)の方が先に見つかるかも知れません。薄暮が暮れていくとともにそのまわりの冬の星座の一等星が美しく輝きだします。

夕空の見時

日没後、東の空高く、木星(−3等)が昇っています。
また、南の空には、おおいぬ座のシリウス(−1等)が明るく、薄暮の終わりとともに冬の星座が見え始めます。木星、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギウスが作る、今年限定の巨大な「北十字」も姿を現してくるでしょう。

  • 10日(月)、一番星となって東の高い空に輝いている木星に満月前の月齢9の月が近づきます。ほとんど真上での現象です。首を痛めないよう注意してご覧ください。また、月の出が12:04なので、日没前の青空で、月を目印に木星を見つけることができるかもしれません。時間があれば、挑戦してみてください。

三日月と満月

三日月は3日(月)、半月(上弦)は8日(土)2日〜7日は、西空に三日月形の月が見られます。満月は17日(月)です。

今月の惑星

  • 木星(−3等)が、東の空高く昇っていて、金色にまばゆく輝きます。
  • 午後9時前には、火星(1等)が昇ってきて、東の空に輝きます。
  • 午後11時ごろには、土星(0等)が昇ってきて、東の空に輝きます。
  • 午前4時頃には、金星(−4等)が昇ってきて東の低空にまばゆく輝きます。
  • 水星(0等)は、3月上旬〜中旬に日の出直前の東の超低空に見えます。3月14日(金)に西方最大離角となり、日の出直前の高度が11度となります。

見やすい星座

日没後には既に、空高く輝く木星と7つの一等星を持つ冬の星座が全天で輝いています。
今年は、ふたご座に夜の明星ともいわれる明るい木星があることから、木星−おおいぬ座のシリウスを縦軸、こいぬ座のプロキオン−オリオン座のベテルギウスを横軸とする大きな十字を形作っています。今年だけの巨大北十字、その縦軸は、本家の南十時と同様に南を指しています。 宵には春の星座が見え始めます。北斗七星の「柄」の部分のカーブをそのまま延長した「春の大曲線」を目印に、春の星座をたどっていくことができます。自分にあった星図を見つけて、春の星座探しに挑戦してみてください。ただし、春の大曲線は、北斗七星の柄〜金色にまばゆく輝く、うしかい座のアートゥルス〜白く控え見に輝く、おとめ座のスピカ〜ひしゃげた四辺形のからす座とたどれますが、今年は、スピカのすぐ隣に赤く輝く火星(−1等)があることから、スピカの代わりに火星にたどり着いてしまいます。今年は、そんな珍しい年です。

天文現象と関連行事

  • 3月 3日(月)三日月
  • 3月 7日(金)〜20日(木)宇宙展「憧」(水戸市総合教育研究所)
  • 3月 8日(土)上弦
  • 3月 8日(土)国際街角観望会(ISAN7)7
  • 3月10日(月)宵の南の空ほとんど天頂で、木星に月齢9の月が接近
  • 3月14日(金)水星、西方最大離角、日の出直前の東の低空で高度11度。
  • 3月17日(月)満月
  • 3月18日(火)宵の東の空で、スピカに月齢17の月が接近(近くに火星もある)
  • 3月19日(水)〜22日(土)日本天文学会
  • 3月20日(木)夜半前の南東の低空で、土星に月齢19の月が接近
  • 3月21日(金)12:11 春分
  • 3月21日(金)高校生天体観測ネットワーク(Astro-HS)全国フォーラム
  • 3月21日(金)〜22日(土)日本天文学会第16回ジュニアセッション
  • 3月24日(月)下弦
  • 3月26日(水)ソユーズTMA-12M打上げ(39/40次長期滞在宇宙飛行士)
  • 3月27日(木)日の出前の南東の低空で、金星に月齢26の月が接近
  • 3月31日(月)新月

ちなみに4月は、

  • 4月全般 世界天文年間2014(GAM2014
  • 4月 2日(水)三日月
  • 4月 4日(金)夕方の西の空で月齢5の月がヒアデス星団の中を通過。(地球照もきれい)
  • 4月 6日(日)宵の西の空で、木星に月齢7の月が接近
  • 4月 7日(月)上弦
  • 4月12日(土)Yuri’s Night
  • 4月14日(月)中接近(視直径15.2秒〜木星の見かけの大きさの1/3ほど)
  • 4月14日(月)宵の南東の空で中接近中の火星に月齢15の月が接近
  • 4月14日(月)〜20日(日)科学技術週間
  • 4月15日(火)満月 月の出から18:33まで 月出帯食 (大阪付近より東のみで見られる。他の地域でも、皆既後の部分食のみ。)
  • 4月15日(火)宵の南東の空で、スピカに、月出帯食からそれを終えた満月が接近、ちかくに火星もある。
  • 4月17日(木)夜更けの南東の低空で、土星に月齢17の月が接近
  • 4月22日(火)下弦
  • 4月22日(火)アースデイ
  • 4月26日(土)日の出前の東の低空で、金星に月齢27の月が接近
  • 4月29日(火)新月

双眼鏡、小望遠鏡のある人は

  •  月初(1日(土))から三日月となる 3日(月)頃、下弦となる3月24日(月)頃から三日月となる4月 2日(水)頃に星雲星団、天の川の見頃となります。
  •  「すばる」や「オリオン座大星雲」(M42)は、そろそろ見納めです。
  •  冬の天の川の散開星団も、星図で探して、双眼鏡でトライしてみてください。春の球状星団もそろそろ見え始めます。
  •  東の空高くに昇っている木星もこの機会に小さな望遠鏡でも覗いてみてください。木星の4大衛星(ガリレオ衛星)、木星本体の縞模様が見られるでしょうか。

※双眼鏡は、倍率6〜10倍で口径30〜50mmを推奨します。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-27 (土) 13:33:41 (1579d)