2013年6月の夜空

今月の一番星は何?

日没は、茨城付近では、午後7時頃となります。

今月の一番星は、今まで一人勝ちだった木星に代わり、群雄割拠、どれが一等星になるか、見てみなければわかりません。その日の天候はもちろん、微妙な空の暮れ方で、初めに見える星がくるくる変わると思います。是非、暮れ行く空と景色を眺めながら、みんなで、探してみましょう。
その候補は、北西の超低空の金星(−4等)か、北西の低空、カペラ(0等)、南西の低空、プロキオン(0等)、空の高いところでは、北東の中天の白い星ベガ(0等)か、ほとんど真上の金色の星アークトゥルス(0等)です。夕方、日が沈んだら、誰が最初にどの星を一番星として見つけるか、競争してみましょう。

夕空の見時

日没直後の西の超低空での金星(−4等)と細い月やほかの惑星との接近は、高度を下げすぎて太陽方向になってしまう木星が一抜けして、水星(−1等)との位置変化がメインとなります。6月20日(木)頃まで楽しめるでしょう。非常に低空での現象のため、西側にほとんど障害物がなく地平線が見渡せる場所で、透明度の非常によい天候が求められます。場合によっては、双眼鏡が必要になるかもしれません。ただし、双眼鏡を使用する際には、誤って太陽を見ることがないよう、必ず、日没後に観望するよう、十分、注意してください。以下に、特徴的な並びになる日をまとめます。この他の日でも、水星と金星が近くにいますので、透明度が良くて、西側の開けた場所に行ける機会がありましたら、ぜひ、挑戦してみてください。

  • 6月2日(日)水星、金星、木星が一直線にならぶ(木星は低すぎるかもしれない)
  • 6月10日(月)水星、金星、月齢1.8の細い月が集合
  • 6月11日(火)水星、金星、月齢2.8の細い月が集合
  • 6月18日(火)〜23日(日)金星が水星を下から追い抜いていく

三日月と満月

三日月は11日(火)、半月(上弦)は17日(月)、10日〜16日は、西空に三日月形の月が見られます。満月は23日(日)です。

今月の惑星

南の空に土星(0等)が昇っています。土星の見時です 。金星(−4等)は、日没直後の西の超低空にあり、ほとんど同じ光度を保ちます。13日に東方最大離角となる水星(−1等)は、夕空では今年一番の好機ですが、13日を過ぎると急に高度を下げ、中旬過ぎには、沈んでしまいます。また、この金星と水星が、日没直後の西の超低空に集まります。火星(1等)、木星(−2等)は、太陽に近くなりすぎて見えません。

見やすい星座

春の星座の見時です。午後8時の南の空には、北斗七星から始まる春の大曲線の星々、うしかい座の一等星(0.0等)アークトゥルス、白くおしとやかに輝くおとめ座の一等星スピカ(1.0等)、いびつな四辺形のからす座がよく見えています。うしかい座は、いびつな五角形の下にアークトゥルスがある形、おとめ座は、大きな小文字のyの形の星のならびです。
東の空には、こと座のベガ(0.0等)が昇っていて、夏の大三角形の他の二つの星、はくちょう座のデネブ(1.3等)、わし座のアルタイル(0.8等)が昇ってきます。また、さそり座も南東の空にすでに顔を出しています。

天文現象と関連行事

  •  6月 1日(土)下弦
  •  6月 2日(日)日の入直後の西の超低空で、水星、金星、木星が一直線にならぶ(木星は低すぎるかもしれない)
  •  6月 3日(月)〜 5日(水)全国プラネタリウム大会・西東京2013
  •  6月 5日(水)ISS補給機ATV-4M打ち上げ
  •  6月 8日(土)関東地方梅雨入り平年
  •  6月 9日(日)新月
  •  6月10日(月)日の入直後の西の超低空で、金星に月齢1.8の月が接近(水星、金星、細い月が集合)
  •  6月11日(火)三日月
  •  6月11日(火)日の入直後の西の超低空で、水星に月齢2.8の月が接近(水星、金星、細い月が集合)
  •  6月17日(月)上弦
  •  6月19日(水)宵南天で、土星に月齢10.8の月が接近(土星の右下に月)
  •  6月20日(木)日の入直後の西の超低空で、金星と水星が接近(18日(火)?23日(日)にかけ、金星が水星を下から追い抜いていく)
  •  6月21日(金)夏至(14:04)
  •  6月21日(金)100万人のキャンドルナイト、夏至ライトダウン(ブラックイルミネーション)
  •  6月21日(金)Seasons Without Borders ?
  •  6月23日(日)満月
  •  6月24日(月)〜26日(水)日本公開天文台協会(JAPOS)第8回名寄大会 (会場:名寄市立天文台)
  •  6月29日(土)〜30日(日)天文愛好者ミーティング2013仙台大会
  •  6月30日(日)下弦

ちなみに7月は、

  •  7月 7日(日)七夕
  •  7月 7日(日)七夕ライトダウン(クールアースデイ) 
  •  7月 8日(月)新月
  •  7月11日(木)三日月
  •  7月11日(木)日の入直後の西の超低空で、金星に月齢3.2の月が接近
  •  7月16日(火)上弦
  •  7月16日(火)宵南西天で、スピカに月齢8.2の月が接近(スピカの左に上弦の月、さらに左上に土星)
  •  7月17日(水)宵南西天で、土星に月齢9.2の月が接近(土星の左下に月)
  •  7月20日(土)関東地方梅雨明け平年
  •  7月22日(月)日の入直後の西の超低空で、レグルスに金星が接近(離角1度)
  •  7月23日(火)満月
  •  7月23日(火)日の出直前東天超低空で、木星と火星が接近(18日頃〜27日頃木星と火星が近い)
  •  7月25日(木)日の出直前東天超低空で、接近する木星、火星の下に水星が見え始め、3天体がそろう(8月8日頃まで見られるか?背景は冬の星座)
  •  7月30日(水)下弦

双眼鏡、小望遠鏡のある人は

  •  1日(土)の下弦から11日(火)頃まで、星雲星団、天の川の見頃となります。
  • 土星の見ごろです。小望遠鏡でも、輪が見えることがあります。

※双眼鏡は、倍率6〜10倍で口径30〜50mmを推奨します。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-27 (土) 13:33:39 (1642d)