2013年1月の夜空

今月の一番星は何

日没は、茨城付近では、午後5時前頃となります。

今月の一番星は、日没後、東の空に明るい金色に輝く木星(−3等)です。

夕空の見時

夕空の西の空では、はくちょう座のデネブ(1等)、こと座のベガ(0等)、高く、白く輝く明るい星、こと座のベガ(0等)が見つかり、さらに上に白い星、わし座のアルタイル(1等)の夏の大三角形が沈みかけています。特にはくちょう座は、頭側から西の空に沈むため、はくちょう座の十字が地平線に立っているように見えます。
1月13日(日)には、日没直後の西の非常に低い空で、火星に月齢2の細い月が接近しますが、高度が低すぎて見えないかもしれません。

東の空には、一番星、木星(-3等)が金色にまぶしく輝き、冬の星座を先導しています。

三日月と満月

三日月は14日(月)、半月(上弦)は19日(土)、14日〜18日は、西空に三日月形の月が見られます。満月は27日(日)です。

今月の惑星

東の空に木星(−3等)が昇っています。宵空で非常によく目立つ明るい星となります。夜中の午前2時過ぎには、土星(1等)が昇ってきます。金星(−4等)は明けの明星となり、夜明け前に東の空に昇ってきますが、非常に低くなります。月末には太陽に近くなりすぎて、非常に見づらくなるでしょう。水星(0等)は太陽に近すぎて、見えません。火星(1等)は、西の空の超低空にいて、見つけるのが難しそうです。月がそばに来る13日(日)に挑戦してみてください。

見やすい星座

午後8時頃、南東の空にギラギラまばゆく金色に輝く木星も加わった冬の星座が昇っています。オリオン座は、長方形に並んだ星と三ツ星の形が特徴的で、すぐに見つかるでしょう。左上のオレンジの星が一等星のベテルギウス(0.5等)、右下の白い星が一等星のリゲル(0.2等)です。木星がいるのがおうし座で、木星のすぐ下の赤っぽい星が、一等星のアルデバラン(0.9等)です。オリオン座の下の方で非常に明るい青白い星は、おおいぬ座の一等星シリウス(-1.5等)で、右を向いて立ち上がった犬の形が分かるでしょうか?ベテルギウスとシリウスを結び、その左側に大きな三角形を作る位置にこいぬ座の一等星プロキオン(0.4等)があります。また、この三角形を冬の大三角形といいます。プロキオンの上にはふたご座があり、左側の頭に当たる部分に縦に仲良く星が並んでいますが、下の方が一等星ポルックス(1.2等)です。上の星カストルは1.9等で2等星になってしまいます。さらに上、首が痛くなる暗い上にまばゆく輝く金色の星はぎょしゃ座の一等星カペラ(0.1等)です。これらを、アルデバラン-カペラ-ポルックス-プロキオン-シリウス-リゲル-ベテルギウスの順に結ぶと巨大な大文字のGの字となりグレートGと呼びます。

天文現象と関連行事

  •  1月 2日(水)〜15日(火) 全国星空継続観察冬期観察期間
  •  1月 3日(木)19時ごろ しぶんぎ座流星群極大(月齢21)
  •  1月 3日(木)〜12日(土) GLOBE at Night 2013
  •  1月 5日(土)下弦
  •  1月 6日(日)未明の東の空、スピカに月齢24の月が1度ほどに接近、右から下へ通過
  •  1月 7日(月)夜明け前の南東の空低く、土星に月齢25の月が接近
  •  1月12日(土)新月
  •  1月13日(日)日没後の西の空低く、火星に月齢2の月が接近
  •  1月13日(日)〜14日(月)天体画像教育利用ワークショップ 仙台市天文台
  •  1月16日(土)日食情報センター勉強会 港区赤坂区民センター
  •  1月19日(土)上弦
  •  1月21日(月)〜22日(火)日本公開天文台協会 第1回全国研修会 うすだスタードーム
  •  1月22日(火)ヒアデス星団のすぐ近くで木星に月齢11の月が接近
  •  1月27日(日)満月
  •  1月27日(日)H-IIAロケット22号にて情報収集衛星打ち上げ
  •  1月31日(木)〜2月 9日(土) GLOBE at Night 2013

ちなみに2月は、

  •  2月 2日(土)未明の南東の空でスピカに月齢21.7の月が接近(離れて左下に土星があり、月、スピカ、土星で一直線に並ぶ)
  •  2月 3日(日)未明の南東の空で土星に月齢22.7の下弦の月が接近、土星の右に月が並ぶ。
  •  2月 3日(日)下弦
  •  2月 8日(金)日没直後の西の超低空で火星に水星が離角24分まで大接近
  •  2月10日(日)新月
  •  2月11日(月)日没直後の西の超低空で、縦に並ぶ火星、水星の右に月齢1.2の細い月が接近し、3天体が集合
  •  2月18日(月)上弦
  •  2月18日(月)宵の西の天頂近くで、木星に月齢8.2の上弦の月が離角約2度まで接近
  •  2月26日(火)満月

双眼鏡、小望遠鏡のある人は

  •  5日(土)の下弦から13日(水)頃まで、星雲星団、天の川の見頃となります。
  • オリオン座のベルトに当たる三ツ星の下に縦に並んだ小三ツ星がありますが、その真ん中の星を双眼鏡で見ると、星のまわりがぼうっとしているように見えます。これが、オリオン座大星雲(M42)です。大きな望遠鏡だと、薄いベールのような淡い光が鳥が羽を広げたような形に見えます。空が非常に暗いところで、月明がない日でなければ、難しいです。
  • 木星が見頃です。宵空に東の空でギラギラと明るい金色の星が木星です。双眼鏡で見ると、木星のまわりの4つの衛星「ガリレオ衛星」が見えるかもしれません。大きめの望遠鏡だと、木星の縞模様が見える時があるかもしれません。惑星の見え方は気流に左右されやすく、星がきらきらと瞬く夜より、何か少しどんよりとして晴れている日の方が見えやすかったりします。
  • リニア彗星(C/2012 K5)が、双眼鏡で見えるかもしれません。年末年始に一番明るくなりますが、5.8等とはいえ淡く広がった対象なので、非常に暗い場所で、彗星、星雲の観察に慣れた人でないと、見つけるのも難しいかもしれません。

※双眼鏡は、倍率6〜10倍で口径30〜50mmを推奨します。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-27 (土) 13:33:34 (1574d)