2011年8月の夜空

今月の一番星は何?

今月の一番星は、南西の空高く金色に輝くアークトゥルス(0等)です。東の空ほとんど真上に白いベガ(0等)も同じくらいの明るさですが、真上過ぎるのと色が白くて、夕空でまだ明るさの残る空に溶けて、見つけづらいかもしれません。夕焼けが終わり、空が暗くなりはじめると、ベガの明るさが急に目立ってきます。ベガは七夕のおりひめ星ですが、ひこ星アルタイル(1等)が南東の空低いところにあり、北東には、はくちょう座のデネブ(1等)があります。

夕空の見時

南西の空高くまばゆく金色に光る、うしかい座のアークトゥルス(0等)が美しく、真上には、白色のこと座のベガ(0等)が、光っています。そこから下、南の方に、わし座のアルタイル(1等)、北の方には、はくちょう座のデネブ(1等)が見つかります。この3つの星で夏の大三角形です。南東の空には金色の土星(0等)が見え沈んでいきます。

三日月はいつ?

三日月は2日(火)、半月(上弦)は6日(土)、その間は西空に三日月形の月が見られます。晴れたら見てみてください。

今月の惑星

日暮れには、南東の空に金色に輝く土星(0等)が見え始めますが、午後8時半頃には沈んでしまいます。そろそろ土星も見納めでしょうか。
午後10時半には、東から木星(−2等)が昇ってきます。いよいよ木星観測の好機です。

見やすい星座

夕方の東の空から夏の星座が昇ってきます。

夕方には春の名残のうしかい座アークトゥルスが西の空に高くまばゆいですが、夜空が暗くなると、こと座のベガがそれに負けじと空の真上で白く明るく輝きだします。こと座のベガから北東に、はくちょう座のデネブ(1等)、南東にわし座のアルタイル(1等)があります。この3つの明るい星が、直角三角形を作っています。夏の大三角形です。ベガとアルタイルは、七夕の星です。ベガが「おりひめ星」、アルタイルが「ひこ星」です。この二つの星の間を、天の川が流れています。デネブは天の川の中にあります。午後10時ごろには、天の川が真上に来ます。天の川の見時です。月の無い夜(1日〜6日、26日〜9月3日)、空の非常に暗いところに行く機会があり、運良く晴れたら、ぜひ挑戦してみてください。

天文現象と関連行事

  •  8月 1日(月)〜 7日(日)スター・ウィーク
  •  8月 4日(日)夕方の西の空、土星に月齢5の月が接近、近くにスピカ
  •  8月 6日(土)上弦
  •  8月 6日(土)伝統的七夕
  •  8月 6日(土)伝統的七夕ライトダウン2011キャンペーン
  •  8月 7日(木)未明の東北東の空、プレセペ星団に水星が接近
  •  8月12日(土)〜13日(日)世界中でペルセウス座流星群を見よう Meteors without Borders
  •  8月13日(日)ペルセウス座流星群極大(月齢14)
  •  8月14日(日)満月
  •  8月14日(日)海王星に月齢15の月が接近
  •  8月20日(土)夜中の南東の空で木星に月齢21の月が接近
  •  8月22日(月)下弦
  •  8月22日(月)夜中の南東の空で、プレアデス星団(すばる)に月齢22の月が接近
  •  8月26日(金)明け方の東の空で、火星に月齢26の月が接近
  •  8月26日(金)〜28日(日)胎内星まつり
  •  8月28日(日)明け方の東の超低空で、水星に月齢29の月が接近
  •  8月29日(土)新月

ちなみに9月は、

  •  9月 1日(木)夕方の西の空、土星に月齢3の月が接近
  •  9月 5日(月)上弦
  •  9月 9日(金)未明の東の空低く、しし座のレグルスに水星が接近
  •  9月11日(日)海王星に月齢13の月が接近
  •  9月12日(土)宇宙の日
  •  9月12日(月)満月、中秋の名月
  •  9月13日(火)天王星に月齢15の月が接近
  •  9月17日(土)木星に月齢19の月が接近
  •  9月19日(月)敬老の日
  •  9月20日(火)下弦
  •  9月20日(火)〜22日(木)日本天文学会秋季年会 東北大学にて
  •  9月23日(金)秋分の日
  •  9月23日(金)明け方の東の空で、火星に月齢25の月が接近
  •  9月27日(火)新月
  •  9月29日(木)夕方の西の低空で、おとめ座のスピカに月齢2の月が接近
  •  9月30日(金)02:03 東の超低空で、火星が7.5等星(HIP42163)食

双眼鏡、小望遠鏡のある人は

  • 前月から引き続き、5日(金)頃まで、22日(月)の下弦から9月3日(土)頃まで、星雲星団、天の川の見頃となります。
  • 8月は天の川の見時です。ぜひ、双眼鏡で天の川くだりをしてみてください。さすがに、星が見えない日は無理ですが、星座の形がわかるくらいの星が出ていれば、肉眼で天の川が見えなくても、そのあたりを、双眼鏡で流してみてください。細かい星が、急にたくさん視野に入ってきて、感動することでしょう。
    午後10時ごろ、天の川が、頭上に流れるようになったら、南の方を見てください。赤い一等星アンタレスとSの字に連なる形でわかりやすい、さそり座がありますが、その尻尾の方と東(右)隣のいて座の間には、星が集まっている散開星団や、もっと高密度に集まっていて、双眼鏡や低倍率の望遠鏡では綿ぼこりのようにしか見えない球状星団がたくさんあります。有名なメシエカタログ(M何番というやつです)の星雲星団もここにたくさん集中していますので、星図やシュミレータを片手に、探してみてください。双眼鏡でも探せる対象がいくらもあります。(メシエが使っていた望遠鏡は口径50mmだといいます。)
    口径30mmで6〜7倍は、望遠鏡のファインダー(ライフルなどの照準と同じで、低倍率の小さな望遠鏡の内部に十字線が入っていて、ここに対象を入れると、メインの望遠鏡の視野にその対象が入ってくるように調整します。)と同じですので、望遠鏡で星雲星団を導入する練習にもなります。

※双眼鏡は、倍率6〜10倍で口径30〜50mmを推奨します。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-27 (土) 13:33:37 (1723d)